不動産担保ローンの特徴

差が付く不動産担保ローン

不動産担保ローンは、資金の使い道が比較的自由で金利が低め、まとまった融資が受けられるのが特徴のローンです。

差が付く不動産担保ローンメインイメージ

不動産担保ローンの特徴

不動産担保ローンとは、保有する不動産を担保にしてまとまった資金を借りることのできるローンのことをいいます。

資金の使い道が比較的自由なこと、金利が低めなこと、担保となる不動産の価値によって、融資額が数百万円から数億円までと、幅広い資金を借りることができることなどが大きな特徴です。

クレジットカードやキャッシングなどのローンは、いわば借りる人の信用を担保とするローンですが、不動産担保ローンでは資産価値のある担保をもとに借りるため、その担保の価値に応じた資金を借りることができるようになっています。

担保は通常、土地や建物などの不動産が対象です。

融資額は、不動産評価額の7割ほどを限度として決められるのだそうです。

ただし、老朽化した建物や新築マンションなどの場合は担保として認められるのに難しいケースがあるといいます。

とはいえ、取扱会社によってこれらの借り入れ条件は異なるようです。

借り入れの際はあらかじめよく確認しておくことが必要です。

明治アセット株式会社は無料メール査定を行っていますので、こうしたサービスを利用し、査定結果をおおよその目安として参考にするとよいでしょう。

Google
www を検索 差が付く不動産担保ローンを検索
(C) bloginmotion.com. All Rights Reserved.